手相を見るならほくろもチェック!ほくろの位置で運勢が変わる

手相を見るならほくろもチェック!ほくろの位置で運勢が変わる

手相占い

ほくろの場所で判断できる

手相占いにおいて、ほくろが手の平にあるということは、過剰にエネルギーが出ていると判断されます。後天的にできたほくろは危険を示すサインだと言われているため、これに気付けばトラブルを避けたり被害を小さくしたりすることができるでしょう。

手

ほくろを書いて運気を上げよう

手相と同じように、ほくろも書いて開運効果を得ることができます。薬指は運命の相手に出会える可能性が高まり、親指は金運アップが期待できます。「活きぼくろ」と呼ばれる、黒色で艶があるものを書くといいですね。

手相

右手と左手の違い

手相は、左手に現れているものは元々持っている性格であり、右手に現れているものは習慣や環境の変化によって出てきたものだと言われています。ほくろも同じように考えられ、右手に現れたものに関しては、注意深く見てみるといいでしょう。

いい事あるかも!?ほくろの位置ランキング

手相
no.1

手の平の真ん中

生命線や感情線、知能線のどの線にも触れることがないほくろです。とてもラッキーなほくろだと言われていて、特に金運に関しては素晴らしい運があるでしょう。

no.2

手の甲

器用ぼくろとも呼ばれ、手先の器用さや人間関係のソツの無さを示しています。メンタルの強さや集中力の高さが見受けられます。

no.3

知能線の上

知能線とは親指と人差し指の間から出ている線で、薬指から小指の間まであります。この線の末端付近にほくろがある人は芸術家タイプで、想像力豊かな人だと言えます。

no.4

親指下のふくらみ

ほくろがこの位置にある場合、人と出会ってから交際に至るまでがとてもスムーズであることが多く、愛情運が高いのが特徴です。

no.5

中指

其節にあるほくろはお金の無駄遣いがないことを示し、中節にあるほくろは警戒心が強いことのあらわれです。末節にあれば、まじめな傾向にあります。

広告募集中